キャスト中国ビジネス

コンテンツ
ご案内

税関申告漏れに際して修正自主申告時の罰則等の取扱いについて

Q&A
2022年03月23日

■相談内容

ご担当者様

お世話になっております。

当社の江蘇省にあるグループ会社で、2021年2月に輸入をした設備について、
輸入通関申告に誤りがあり、外貨送金が困難な状況が生じています。

自主修正申告を計画していますが、想定される処罰を事前に理解しておきたく、最新の税関規定に照らし合わせると、罰金・延滞金・税関信用ランクの下降などは想定されますでしょうか?

・2021年1月頃複数の設備を輸入し、先日設置・検収が完了日本に支払いをしようとしたところ、通関履歴がない事が判明。

・複数の設備を1つのインボイスで通関申告してしまい、申告漏れの設備が発生してしまっている(関税・増値税等の納付を行っていない)。

・決済金額は約40百万円(日本円決済)約250万元、関税・増値税の申告漏れが約60万元と想定。

最新関連コンテンツ

banner5++.png
会員限定コンテンツ

キャストグローバルグループ厳選コンテンツ

詳しくみる >
メールマガジン

会員サイト更新情報やキャストからの情報満載!
(配信無料)

バックナンバーはこちら >
banner2.pngbanner3.pngbanner4.pngbanner6.png1.png2.png3.png4.png5.png