キャスト中国ビジネス

コンテンツ
ご案内
       ▼ 解 説 動 画         ▼ 事 例 集      

 

村尾弁護士の解説動画

 反スパイ法について村尾弁護士が解説した動画を、以下サイトでご覧いただけます。  
 各画像をクリックしてアクセスください(外部リンク)。  
 ※以下の動画は、株式会社FRONTEO様において提供される「FRONTEO Legal Link Portal」へ無料会員登録することで視聴可能です。

 

中国-改正「反スパイ法」に関する必須知識 第1回  中国-改正「反スパイ法」に関する必須知識 第2回
 
1.改正「反スパイ法」に習熟し、内部教育を実施することは日系企業の法的義務  
2.改正「反スパイ法」の主要な内容の紹介
  保護法益となる「国家秘密」、「情報(intelligence)」及び「情報(information)」の意義と知ることができる(知ることが許される)限界の認識の必要性
   
中国-改正「反スパイ法」に関する必須知識 第3回 中国-改正「反スパイ法」に関する必須知識 第4回
 
 1.改正「反スパイ法」違反-行政処罰-その内容  
 2.「刑法」違反-死刑及び拘禁  
 3.公開情報(information)に依拠したリサーチでも改正「反スパイ法」に問われる可能性がある場合とはいかなる場合か?概要説明
  1.第1回から第3回の総まとめ  
 2.改正「反スパイ法」違反の法律効果である行政処罰とは何か  
 3.改正「反スパイ法」違反の法律効果として具体的にどのような行政処罰が規定されているのか
   
中国-改正「反スパイ法」に関する必須知識 第5回 -応用編- 中国-改正「反スパイ法」に関する必須知識 第6回 -応用編- 
 
 1.長期拘禁刑の法的根拠は改正「反スパイ法」ではなく、「刑法」第110条、第111条の広義のスパイ罪であることの理解  
 2.「刑法」第110条の狭義のスパイ罪と第111条の「境外のため国家秘密又は情報を窃取し、探り出し、買収し、又は不法に提供する罪」の4つの相違点の理解
  1.「刑法」第110条第1号「スパイ組織及びその代理人」の意義  
 2.同条同号「スパイ組織及びその代理人の任務を受け入れる行為」の意義  
 3.刑法第110条、第111条に共通する「国家秘密又は情報を窃取し、探り出し、買い取り、又は不法に提供」する行為の意義  
 4.日本人駐在員などが広義のスパイ罪で刑事訴追されないようにするための実務的配慮
   
中国-改正「反スパイ法」に関する必須知識 第7回 -応用編-   
  
 1.改正「反スパイ法」と「刑法」の広義のスパイ罪の摘発活性化の背後にある景色-中国の西欧型民主化を巡る米中の激しい攻防  
 2.「総合的国家安全観」及び「法に依る国家統治」の重要政策と当該政策を具現化する改正「反スパイ法」を含む法律群  
 3.天賦人権思想を前提とする西欧型人権思想vs.天賦人権思想を否定する中国型人権思想
  
 


事例集

 中国《反スパイ法》に関する理解を深めていただくため、中国の政府機関から公表されている事例を随時追加していきます。

 
2023.10.13

 自首によってスパイ行為が判明した事例
 
2023.09.27

 海洋公益活動と見せかけて、沿海部に観測点を設け、情報収集していた           
   ことに関する処罰事例
 
2023.09.18

 現地企業が外国から依頼されて行った高速鉄道の運行関連データの収集           
   に関する処罰事例
 
2023.09.06

 ビーチでの写真撮影に関する処罰事例
 
2023.08.30

 気象観測設備を設置してデータを国外に送信したことに関する処罰事例
 
2023.08.23

 チャットアプリを通じた依頼により学生が行った情報収集                    
   に関する処罰事例
 
2023.08.16

 軍事工業企業からの機密資料の持ち出しに関する処罰事例
 
2023.08.07

 「専用スパイ器材」の販売に関する処罰事例
 
2023.07.25

 軍港に停泊している軍艦を撮影したことに関する処罰事例

2023.07.18

 タクシーからの写真撮影に関する処罰事例
 
2023.07.11

 重要人物の行動予定の漏洩に関する処罰事例
 
2023.07.06

 海域に設置された電子機器について漁民が通報した事例
 
2023.06.29

 軍港付近の風景などの写真の提供をめぐる処罰事例
 
2023.06.21
                       
 公務員の副業に関する処罰事例
 
2023.06.16
                       
 スパイに関する捜査情報を漏らしたレストラン関係者が処罰された事例
 
2023.06.09

 宇宙分野の研究に関する情報漏洩をめぐる処罰事例
 
2023.06.02
                       
 コンサルティング名目での情報取集活動に関する処罰事例
 
2023.05.29

 観測機器などの設置をめぐる処罰事例 

2023.05.22

 市民に向けての注意事項
 
2023.05.22

 国の原子力発電に関する秘密の漏洩に関する処罰事例
 
2023.05.22

 郊外を外国人が訪れるときに注意したい事項に関する処罰事例
 
2023.05.22

 情報収集活動の目的が政治的な事項にかかわる場合の処罰事例
  
  
  
  
  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

240319_banner.pngお問い合わせバナー.jpg個人情報フォーマット.png反スパイ法特集.png個人情報保護・データセキュリティ関連情報.png5KXDY%S1RGX}FKQ2UDQ9ZOV.png]RDVJ6`_IQ[2NVMSN_B50RR.png
会員限定コンテンツ

キャストグローバルグループ厳選コンテンツ

詳しくみる >
メールマガジン

会員サイト更新情報やキャストからの情報満載!
(配信無料)

バックナンバーはこちら >
banner2.pngbanner3.png辞書バナー.pngbanner4.pngbanner6.png1.png2.png3.png4.png5.png